« 立春 | トップページ | 愚痴 »

2011年2月 5日 (土)

「うつ」?

 落ち込んだ状態から立ち直れないまま時が過ぎていった昨年の秋。

そのとき知人に紹介してもらった心療内科は、1カ月後の予約になるという

ので、すぐに診て貰える心療内科を受診した11月。

 予約制ではないそのクリニックは、患者さんで溢れていた。混んでいたか

らか、先生とほとんど話すことなく問診票に書いた内容だけで、私は「うつ」

と診断された。そんなに簡単な診断でいいのだろうかと疑問に思いながらも、

処方された数種類の薬をもらって帰ってきた。私は、本当に「うつ」なのだろ

うか…。恐る恐る薬を飲んでみた。何も変わらない。当然だ。そんなに急に

変わることはない。でも、この薬を飲み続けて大丈夫なのだろうか。これか

ら薬漬けの生活になるのだろうか。2日間飲んで、私は薬をやめた。

 数日後、以前お世話になったカウンセリングの先生と会った。いろいろな

話を聞いてもらった。よく眠れるようにと呼吸法などの改善策を教わった。

鍼灸の先生にも相談して回数を増やした。それから数カ月たった今、私は

「うつ」なのか…定かではないが、少しずつ改善されてきたように思うこの頃

である。

|
|

« 立春 | トップページ | 愚痴 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

問診票に書いた内容だけでだされた薬なら、飲まないほうがいいと思います。しろうと考えですが、やはり怖いです。
落ち込んだ状態が続いているとのこと・・・辛いですね。簡単に頑張って!!とは言えません。
思いどうりにならないこと、傷ついてしまうこと、自分の思いが伝わらないこと、いろいろありますが、ありのまま自然に生きて♪いけたらいいですね。本当にそう思います。

投稿: でこぽん | 2011年2月 6日 (日) 09時38分

でこぽんさん♪
 コメントありがとうございます。
今思えば、話を聞いてもらいたくて心療内科に行ったのだと思います。でも、その心療内科は私が思っていたようなところではありませんでした。確かに、うつ的症状はあったと思いますが、それがうつ病だったのか…。今になって思えば違っていたような気がします。カウンセリングの先生も鍼灸の先生もそのときの状況で、薬を飲むことに対しては反対されました。おかげさまで今は、もう当時のような酷い落ち込みの状況からは、回復しました。
日常生活も仕事もそれなりに出来ています。コメント嬉しかったですhappy01

投稿: Anne | 2011年2月 6日 (日) 11時34分

薬が必要になる「大うつ病」の定義は、「死別反応以外のもので、2週間以上にわたり毎日続き、生活の機能障害を呈している。」というある程度の重症度を呈するもの(Wikipedia)となっています。私が専門医に聞いたときは、「食欲など生存に関わる欲求が2週間以上ないとき」といわれました。ご飯を食べて、おいしいと思えるのなら、うつ病ではないと思われます。一時的な抑鬱状態ではないでしょうか。

投稿: はらほろひれはれ | 2011年2月 7日 (月) 22時54分

はらほろひれはれさん♪
 コメントありがとうございます。
ちょっと医者に相談したいなぁと思って受診したのですが…。
この定義だと、私は薬は必要ないと思います。あまりに簡単に、多くの薬を処方されて逆に不信感を抱きました。薬、続けなくてよかったです。

投稿: Anne | 2011年2月 8日 (火) 22時39分

私も冬場になると抑鬱状態に襲われる一人です。今年の場合、
「今年こそ冬を無傷で乗り切ろう」
と力んでいた疲れが2月にドッと出て、発病?してしまいました(泣)

彼岸になれば回復しそうなので、うまいこと力を抜いて頑張らないつもりです。

投稿: 純朗房義信 | 2011年2月21日 (月) 00時16分

純朗房義信さん♪
 お久しぶりです!
コメントありがとうございますhappy01
躁鬱状態って、辛いですよね。
私も少しずつ回復しているような気がします。
お互いに「ふぅーっ」と息を吐いて、力を抜いていきましょうね。
また、お会いできるのを楽しみにしています。

投稿: Anne | 2011年2月21日 (月) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立春 | トップページ | 愚痴 »