« 伝える(その2) | トップページ | 鍼灸の日 »

2010年2月17日 (水)

支部法座 &懇親会

 13、14日のS先生をお迎えしてのご法座は、20名ぐらいの参加だった。

最初に「唯信鈔文意」の回心のご法話と座談。夜は座談。14日の午前は「歎異抄

9章」のご法話と座談。午後は、法然上人の「和語燈録」のご法話と座談。皆で一

緒に声を出して読みながら、丁寧に詳しく説いてくださった。「唯信鈔文意」も「歎異

抄9章」も、このように聞かせていただくのは初めてだった。本当に有難く、いいご

法座だった。

 夜の懇親会や帰りの反省会にもS先生は参加してくださり、いろいろなお話をして

くださった。最近は、宿泊する人は減ったので夜の懇親会は、10人ぐらい。私が入

っていた団体Sの話をしていたら、Iさんの先輩のMさんが「Sって、私が以前入って

いたキリスト教系の団体Tにそっくりだね。」と言われた。一瞬、えっ!と思ったが、

そう言えばそうかもしれない……と、すっかり忘れていたことを思い出した。

 私が、大学に入学したばかりのころ、バスを降りて歩いていたら一人の青年が話

しかけてきた。どんな話だったのかは忘れたが、何か惹かれるものがあったのだろ

う。私はその青年に誘われるまま、集会所のようなところに行った。そこでは、数人

の人たちが、それぞれ1対1で話していた。私も、青年から紙に書きながら説明を

聞いた。赤毛のアンが好きだった私は、それまでの私の生活の中に全くなかった

教会に行くということに憧れもあったのだろうか、2時間ぐらい話を聞いた。何だか

、よく分からない話…。血を清めなければいけないと言われても…???私は、

二度とそこへ行くことはなかった。

 それから数日して、他の大学に入学してSのサークルに入った友人から電話番

号を聞いたということで、Sの先輩から部会への誘いの電話があった。その部会

に参加したことから私のS時代が始まった。Sの先輩に、誘われて行った教会の

話をすると、「そこは、名前を隠して勧誘するTという団体でとんでもないところな

んだよ。」とそこで行われていることを詳しく話してくれるのだ。あー、何か変だな

と思ったら、やっぱりおかしな団体だったんだ。深入りしなくてよかった。危ないと

ころだった…。と、ほっとしたのだった。

 それから30数年。今となれば、どちらもよく似ているということに頷けるのだが、

そういうものに惹かれてしまう私だったんだなぁとちょっと複雑な気持ちになった。

でも、今はこうして善知識から仏法のお話を聞かせていただいている私は、本当

に幸せだなと思う。

|
|

« 伝える(その2) | トップページ | 鍼灸の日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お世話になりました。人数は多くなっかったけれど、しんみりといいご法座でした。もう少し皆さんが、積極的だったらうれしかったですが…。それでも、楽しかったなー。
 まあ、ねえー。どこの集まりだって、所詮、虚仮不実の世界ですからね。変わらない真実は、人でも、集まりでもなくて、「弥陀の本願」まことというだけでしょう。みんなが、そこに心を寄せていくしかないですよね。

投稿: かりもん | 2010年2月18日 (木) 00時43分

かりもん先生♪
 ご法座、ありがとうございました。
上手く言葉に出来ず、はちゃめちゃな私でした。

変わらない真実は、人でも集まりでもなく「弥陀の本願」まことということを
聞かせていただいている私は、幸せです。

投稿: Anne | 2010年2月18日 (木) 06時25分

今日も タジン~♪と 喜んでいたら なんだかこげくさい・・・
 底が割れていた・・・
初日に 野菜と豚肉をやったすぐあと りんご焼きをやったのだ 
そういえば・・
まだ 鍋がさめないうちに洗って 火にかけると パキッって 変な音がしたのだ
 やられた~~~
一夜限りの夢でした・・

ひびは入ったら やっぱり ぼつかな~?

投稿: ぼんちゃん | 2010年2月18日 (木) 08時20分

ぼんちゃん♪
 タジン鍋、割れちゃったんですか。
がっかりですね。
扱い方は、土鍋と同じなのかな。ひび入ったらどうなんでしょう?
修理とかできるのでしょうかね。

投稿: Anne | 2010年2月18日 (木) 22時08分

 おかしな人、おかしな団体と、そうでない人、団体はどこで見分けますか? その基準はどこですか?

 そんなこと考えたことあります?

投稿: 茗荷谷の狸 | 2010年2月19日 (金) 16時17分

茗荷谷の狸先生♪
 コメントありがとうございます。
意識せず、書いていました。
考えたら基準は、私でした。自分中心にみて、自分は正しいという自惚れからでした。他の人から見れば、私のことをおかしい人と思う人もいると思います。
おかしいとかおかしくないとか私が言えることではないと思いました。

投稿: Anne | 2010年2月19日 (金) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伝える(その2) | トップページ | 鍼灸の日 »