« 北風か太陽 | トップページ | 呼吸 »

2010年1月16日 (土)

鍼灸

 昨夜は、月1回の鍼灸の日だった。私が通っている鍼灸は、「工藤流刺絡」という

もので、末梢血管の「瘀血(おけつ)」を取り除くために、10本の指paperの爪の横に鍼

を刺し、血を絞ることから治療が始まる。その後は、足(ときにはお腹も)、首、背中

とどんどん鍼を刺し、ところどころ吸い玉で吸引する。うつ伏せなので、何をされてい

るかはっきりは分からないが、鍼の先にもぐさをつけて燃やす(たぶん)ので、煙が

もうもうと立ち込めて身体が熱くなり、何だか’かちかち山’のたぬき状態だ。

 治療しながら先生がいろいろ話してくださる。

「首はいい感じだけど、肩甲骨のところから背中が硬いね。ここの凝りは横隔膜と

肋骨の動きを悪くして、呼吸が浅くなるんだよね。そうすると、身体に酸素が入って

こないんだよ。」

「呼吸法とか、いいんですかぁ。」

「うん。呼吸法といってもね。まず吐くことですよ。吐けば自然に吸うよね。はぁーと

よく吐いてね。後は、同じ姿勢をずっと続けないで身体を捻ったりして動かすこと。

よく動いて、その後なるべく横になることを心がけてね。」

 仕事は、事務仕事だし…座っていることが多いし…、運動は好きじゃないし…、

よく動くことがだめだなぁ…。横になることだけはOKcoldsweats01なんだけどなぁ。

ああ、やっぱり明日は自力整体をしよう!

|
|

« 北風か太陽 | トップページ | 呼吸 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私もこのインフルエンザで寝込んだ時に 鍼をやりたいって思ってたの。
なので嬉しい情報です
寝ていたら 三日目か四日目に 目の奥が痛くなってきたのと 左肋骨下が痛くて仕方がなかったの
緊張がゆるむと 痛みになって出るんだってね
緊張のし通しだったから
かなりたまっていたようで
痛くて痛くて
インターネットで情報探すと
ストレスと出るのが多かったかな
で 肋骨のほうは鍼がいいって あったんですよ

吐くと言えば お念仏はいいですよね
って そんなところにお念仏を利用したら
ばちがあたりそうですが・・・
そんな気持ちの塊だとまた再確認です

良く動いて後は横になるか・・・
私も事務仕事で
運動は嫌いじゃないけど
人と絡むのが苦手で つい 運動も遠ざけていました
横になるのは 私も得意^^

体調が戻りつつあるから 来週から ちょっと歩こうかな・・?

寝てるときに丸山さんの本を読んで「いっちょんひげ」フォーカシングとアレクサンダーテクニークをやってみたくなりました。
 親に受け入れられたくて 親の前ではありのままでいられなかったトラウマはやっぱり 体がどうしても必要以上に緊張していると思います。その緊張を解放させて自由になりたいです。
 それは 欲?自力?

投稿: ぼんちゃん | 2010年1月16日 (土) 22時18分

「呼吸とは吐くことだ」
と私も腹式呼吸法の先生から聞いたことがあります。
 それから、「口呼吸じゃなくて鼻呼吸をしなさい」ともいわれました。鼻で呼吸することが免疫力を上げるらしいです。

投稿: はらほろひれはれ | 2010年1月16日 (土) 23時18分

ぼんちゃんさん♪
 インフルエンザ大変でしたね。最近は、10代や20代でなくても流行っているみたいです。職場でも金曜日に同僚が新型にかかり、連絡を受けてから一斉にマスクが配られました。

 私も、鍼灸に行き始めたきっかけは、肋骨下から脇腹にかけての痛みでした。左から右へと痛みは広がり、最初は起き上がれないくらいでした。当時の仕事のストレスも関係していたと思います。整形外科に行っても治らず、整体に行って少しよくなったのですが、完治することはなく、鍼灸に行きつきました。
それから、2年半くらい月1回のペースで通っています。最近、また背中が硬くなってきていて気をつけなくてはと思っています。

 丸山さんの本は、まだ読んでないのでアレクサンダーテクニークは、初めて知りました。いろいろあるのですね。


はらほろひれはれさん♪
 呼吸は、吐くこと。本当にそうだなぁと思います。吐かないと吸えないですものね。鼻呼吸が免疫力をたかめる…なるほど。今日は、午前中DVDを見ながら自力整体をしました。そのメニューに呼吸法(鼻呼吸)もありました。背中の張りが取れたような気がします。

投稿: Anne | 2010年1月17日 (日) 18時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北風か太陽 | トップページ | 呼吸 »